男子生徒

事前の準備が大切です

面接

面接試験では、事前に質問される内容や傾向が想定できる場合があります。そういった場合には、事前に回答する内容をまとめておくことがスムーズに受け答えをするためのポイントとなります。誰かに内容をチェックしてもらうことも大切です。

入試準備に役立つ企画

女の人

進学イベントは、受験生にとって有益な情報が得られる企画です。人気校が開催する進学イベントは特に注目されており、全国から参加者が集まる傾向があります。進学情報誌でも、人気校の進学イベントが度々取り上げられます。

予備校から合格を目指す

大学生

美大受験に合格するためには予備校の利用が大切です。予備校ではデッサンを中心として、各科目対策に必要な力を身に付けていきます。また学力試験の対策も行うことが可能です。似たものとして画塾がありますが、画塾では美大受験の対策は行うことが出来ないので注意が必要です。

性格や学力を細かく知る

先生と生徒

色々な工夫をしています

「やる気スイッチ」をキーワードに全国に展開する個別指導塾があります。北海道から沖縄まで全国に1300を超える教室を持つこの塾は、生徒に合わせたオーダーメードの授業を行います。何かをきっかけにして目標意識が芽生えたり、自発的に勉強したりすることは誰でも経験していることでしょう。この塾ではこの現象を「やる気スイッチ」と命名しています。やる気スイッチを入れるために、独自診断ツールを用いて生徒の性格や学力を細かく分析します。やる気スイッチを入れるためには、生徒1人1人の性格を知ることがとても大切です。プラス思考・のんびり屋・大人しいなど、1人1人の性格が異なると同様に、やる気スイッチが入る方法も人それぞれです。診断ツールを使って設問を解いてもらうと、性格だけではなく、今までの学習環境や生活習慣なども見えてきます。その結果をもとにして、やる気スイッチを探し出すことがこの塾の大きな特徴です。例えば、宿題の出し方1つとってもそれが表れます。いくつものことを同時に行う力が強かったり、全体を把握する力が強かったりすると、同じ内容の宿題を続けると飽きてきてやる気を引き出せません。そこで、毎回内容を変えて宿題を出すことでやる気スイッチを引き出します。更にこの塾の大きなセールスポイントは、生徒1人1人のオーダーメードテキストを作成することです。これは診断ツールをもとにして、生徒の性格や個性に合わせたテキストを作成します。しかも4カ月ごとに見直しを行い、生徒の成長に合わせて作り直すこともしています。進化するテキストを使って、生徒のやる気スイッチを引き出します。